私的SVLの覚え方 

2016, 01. 18 (Mon) 21:10

このブログの読者があまりに少なくて、ちょとツイッターとリンクさせようかなぁ~と、思ったけど、
そこまでして見てもらう内容でもないか(笑)

と、当たり前のことに気付いてやめる。

そんな小心者で、たまにかまわれたいkakaoです(笑)
こんにちは

さて、、
SVLを重点的にやると決めたので、具体的にどうやってするのか記しておこうと思います。

脳科学的に「どんな方法で記憶に残るのか」は人それぞれタイプが違うので、同じ方法が万人に適用する訳ではない
と、言う「テストの花道」(NHK教育)wで紹介された言葉をなぜか信じている私ですが(笑)

オーストラリア留学時代にもTESOL授業で同様のことを習いまして、
私はリスニングと絵で覚えるタイプ。と、そこで判明しました。(ただのフローチャートにしたがっただけ(笑))

実際、書いても読んでも覚えられなかったので、
これまではずっとCDと単語カードで覚えてきました。
さすがに近年技術の発達により(笑)紙カードの限界にようやく気が付きやっと改善しましたので、、
同じタイプの方、よろしければご参考になさってください♡

☆まず、音素材を毎日聞く。
好きなのは、例文と単語を、英語と日本語両方で言ってくれるタイプ。
通勤で聞くので、1回15~20分を2度。
週5日聞きます。(←毎日じゃないw)

覚えたい単語の量があまりに多い時は、適当な長さで切って、繰り返し回数を多くします。

☆☆聞き取れるところに意識を集中し、イメージしながら聞く。
文章だと、自分が覚えやすいストーリー性のものから、
単語だと、自分が知っている単語から、
何でも良いので、全部に集中せず、得意な部分だけ集中して聞きます。

繰り返すうちに、自分が集中して聞く部分が分かってきます。
これ、前も聞いたな~なんて思い始めたら、、
情景を想像したりしてイメージを膨らませます。

☆☆☆イメージできた単語を紙、あるいはアプリ等、文字媒体で確認。
ここで、始めて文字を見ます。
リスニングのときには間違って聞きとっていたなどよくあるので(笑)修正します。
イメージ出来てない単語もさらっと確認して、次にリスニングで聞いたとき、なんとなく見たなぁ~と言うとっかかりにします。

これを繰り返して、
☆☆☆☆ある程度認識出来る単語が増えたらテスト。
アプリの場合はzuknowとか使って、紙の場合は日本語を隠して。と言う古風な方法で(笑)やります。
※SVLアプリの場合はテスト機能まで内蔵されてたかな?…確認しておきます(^_^;)

☆出来るまでテストを繰り返しながら、同時にリスニングのルーチンもやる。
そして全てのテストに合格するまで無限ループに入ります。

長々書いたけど、聞いて見てクイズの繰り返しをしてるだけ(笑)
時間あるときは、文字を見るときに音読すると更に良さそうですよね♪←やってないことがばれる客観性w

今日の記事もまたたくさん書いたな。。。

SVLアプリ購入(*^^)v 

2015, 12. 15 (Tue) 12:08

先日欲しいと言っていたアプリ、昨日勢いで購入しました

な、なんと、今キャンペーンなのかな?お値段240円になってたよ!

alc kyukyoku3

これなら罪悪感なしに買える範囲。
本当はvol.2 vol.4も欲しいけど、こちらは相変わらず600円みたい。
それでも安くなってるらしい。

ざっと中身を見てみた結果、知ってる単語と知らない単語が混在していて良いレベル感。
しばらくこれやって、出来たら次を購入かな。

これで語彙が増える~
もっと文章が読めるようになる~

と、皮算用ばかり。

まだ全然覚えてないw

このアプリの学習についてはSVLのカテゴリで記録していきます♫
やってる方一緒に頑張ろう(^-^)