文法苦手な自分が陥っていたスパイラル 

2017, 04. 12 (Wed) 12:25

こんにちはー

今年は関東より遅咲きだった桜がやっと先日咲いたと思ったら、あいにくのお天気でもう散り始めています。
そんな中、無事息子も小学校入学を迎えることができました。

色々ありますが、とりあえず一歩一歩、私も、息子も、進んでいきたいと思います。(すでに何歩か息子に置いていかれている感あり(笑))

春とともに、、と言うわけでもない、わけでもない?んですが(どーでもいい(*^_^*)?)
ルーチンの学習に1冊文法書を追加しました。
と言っても、自発的ではなく、毎日こつこつと学習をされている方にお誘いいただき、なんとかついていっているだけです。

これが、非常に難しい内容なのですが、これを始めてからというもの(数日(笑))英検の長文を読むときに文法的迷子になりにくくなったのを実感しています。

たまたまその時の文章が読みやすかっただけかもしれませんが、こういう実感があると難しくてもやらなきゃなって気になります♪

自分が文法が出来ないことは分かっていて、これまで何度も文法をやり直そうとした、or実際にやり直しもしたんですが、結局あまり克服されなかったんです。
今思えば、わからないので基礎からやろう!→基礎がわかったかな→難しい文章を読む→やっぱりわからない(T_T)→もう一度違う本で基礎的な文法をやる、を繰り返していた気がします。。。

基礎をやったら、文法書も次の段階のものを学習してどんどんレベルを上げていかないと、私が過去に取り組んでいた文章(ex. Scientific American)とか、現在取り組んでいる文章(ex. 英検1級問題)は比較的難しい文章なので、何度基礎だけを学習してもわからないところに追いつかないんです。もちろん、できる人は基礎を学習すればそれが発展しているだけなので、(新しい文法が増えるわけではないと言う意)いきなり難しい文章を読んでも対応できるかもしれませんが、そもそも文法が得意でない人間は、そういうこと出来ない!(笑)なので、文法書自体をステップアップしていくことが必要だと思いました。

もちろん、基礎は大事で、文法得意な人が苦手な人を見ると、「これは基礎なのにわかっていない」って部分が目立って、いつまでたっても基礎を学習することを勧め続けてしまいます。それは間違いではないんですが、「基礎本だけで基礎を完璧にするのが必ずしも近道ではない」と思うんです。

基礎で分かっていないところがあっても、少し難しいものに挑戦して他の分からないところがわかる、そうすると、基礎の部分で分かっていない部分に自分で目がいく、気付いた時点でまた基礎の本に戻ってもいいし、そうやって行きつ戻りつしながら少しずつレベルアップするのが、独学のだいご味?(とまではいかないにしても(笑))独学ってそういうことじゃないかと。

文法がわからない人が、文法得意な人に、「どの本をやればわかりますか?」と聞くし、自分もそうなんですが(笑)上記のようなことを考えると、本を紹介するって至難の業なんじゃないかなーと、今さらですが思います(-_-;)ごめんなさい(笑)

結局は、いろんな本をやってみて、自分で感じて自分で良いと思ったものをやっていくしかない、、(当たり前の結論(笑))
もちろん、先人達が勧める良書はやっぱり良書だし、星の数ほどある(いや、そんなにない)本の中から、情報0で自分で選ぶのは賢い方法とは言えない。ので、参考にすべき。けど、最終的な判断は自分で、それが正しいと自分が思っていればそれで良い。あたりまえですがね(*^_^*)

本については、あれが良いとかあれはまだ早いとか、色々目にすると思うし、苦手意識がある人ほど、できる人の意見を参考にしすぎる傾向がある(自分)ので、今回自戒を込めて書きとめました。

では、英検近づいています!がんばります!(*^_^*)






英検過去問5回分の感想 

2017, 01. 16 (Mon) 17:31

こんにちは

ここ数日、英検1級の過去問を解く勉強会に参加させてもらっていました。

家にいるとき、2時間近くの時間「私これから勉強するので時間をください」と言っても、結局「○○はどこだ?」や、「○○どうする?」の、家族の気軽なインタラプトが入ってしまうので(笑)「勉強会がある」と言う状況は非常に助かります。(手出しできない問答無用感を事前に出せるの意w)

さて、全部で5回の過去問を解いて、
★苦手なリーディングがだんだん読めるようになってきた
★リスニングの傾向が分かってきた

が良い点だったかな。と個人的に思います。

☆リーディングは、最初はただ圧倒されていましたが
解答根拠はどこか、ポイントに下線を引きながら読むことが出来るようになってきて、問題の解き方が自分の中で決まってきた感覚です。
まぁ、ぜんぜん違っていますがね(T_T)(笑)
あと、時間が足りない・・・最後の問題2問分を読む時間がなくなります。

やっぱりリーディングをもっとスムーズに解くためには、前回も書きましたが語彙ですね。基本語彙が足りないから。。。
解き方とか、読む練習とかだけじゃ結局無理。
語彙がんばれ、自分!

☆リスニングは前回受験したときは「もー全然わかんない」と言う感じでしたが、落ち着いてほとんど聞きとれるようになりました。
しかし集中力の問題が、、
もームリ××と、思ったところは全滅です。あたりまえだけど。
最後まであきらめないで、集中力を持って聞くことが目下の最低条件。
(それにはあの時間幅になれること。だと思います。)

あとは、今回先読みの時間を全くとらずに挑んでみましたが
意外と大丈夫でした。
いや、別に満点じゃないから大丈夫じゃないんですが(笑)

リスニングの時間内で文章を読むことに、思ったよりも慌てふためかなかったな。と、言う感じです。

もちろん、先読みがあったらもっと助かったとは思うんですが、問1では先読みの必要がなかったので、どこを先読みしておくか見極めておく必要があるなぁと思いました。(たぶん問3?)

リスニングはスクリプトで詳細を確認して、慣れてきたらスピードコントロールすることで(×1.25とか)満点に近付けるんじゃないかと思います。
いや、かなり長い道のりですけどね、、、もちろん(笑)

今回は大問1の語彙と、大問4のエッセーは全く度外視していたので
そちらも大問題ですが(-_-;)

翻訳の勉強との兼ね合いもあるので、とりあえずリーディングとリスニングの課題をクリアしてから、兆しが見えたら大問1と4に進もうと思います。

6月まであっという間だろうなぁ・・・小学校入学とか、保護者の関わりとかあるし・・・ブルブルブル((+_+))想像しただけで足が震える・・・w(英検じゃなくてそっちで(笑))

まずは語彙に追われよう 

2017, 01. 06 (Fri) 01:50

数日前に人生初のBluetoothを使って調子に乗り、その勢いでBlutoothイヤホンをポチったのが、本日届きました♡

これでもう無敵になった気分♪明日からすこぶる寒いみたいだけど、リスニングしながら寒さを不っ飛ばして通勤します♪


明日は英検の過去問を解く会に参加させていただきます♪

こう言う機会がないと、おそらくずっと過去問に手を出さないので・・・( ̄ー ̄)

ぜんぜんできないけど、そう言う経験も学習のメリハリに大事かなと。


先日も英検1級を解いてちょっとわかったことがありました。

あまり文章が読めない状態で、「英検1級どうやったらできますか?」って思ってても的外れだなって。


たぶん、TOEICが400点台の人に、TOEICどうやったらいいですか?って聞かれたら、

まず公式問題集を見て、文章の中に読めない単語が5つ以上入っているなら、公式問題集は置いといていいから、TOEICに良く出る基本的な語彙だけでも、語彙本で最初に集中してやった方がよい。と、アドバイスするでしょう。

それだけ読めないならまず語彙を最低限やろうって。


私の英検も同じだなって気づきました。

あれだけ文章が読めないのに、方法論を考えるレベルじゃないなって。

まず、文章がそこそこ読めるだけの基本的な語彙を付けないと、何をやっても逆に遠回り。


それなのに、「どうやったら?どうやったら?」と、方法論ばかり聞いても、ぜんぜん成長しません。

そう言う論理が頭に入ってくるのは、まず基礎が出来てからでしょう。


英検1級のためには、まず語彙だな。

とは言っても、大問1の語彙じゃなくて、長文を読める程度の語彙。


今CRC(Cats Reading Club=にゃんこ先生主催の勉強会)で準1級の訳をやっていますが、準1級だと読むのはまぁまぁOK。だけど、ちょこちょこ分かってない単語も出てくる。

(※1級目指しててそれじゃぁダメなんだけど(笑)(T_T))

この1級でこの状態になってから、きっと方法論。かな。。。と。


と、言うことで、Duoとか、英検準1級とか、VOAとか、語彙ばかりスポット当ててやってるけど、多分その延長上で1級語彙方面まで持って行きたい。そうすれば合格に近づきそう。

あ、でも並行して医薬系の語彙もやりたいからな・・・

図書館の本の次は語彙に追われそうです。


語彙、語彙をください、、

英検結果 

2016, 10. 22 (Sat) 11:37

先日英検の結果が出ました!
まったく芳しくない結果のため、特に報告する必要もないんですが(笑)
もし私と同じくらい出来ない人が、勇気付けられるなら(笑)と、言うことで。


それぞれ平均して力が足りない感じです。
後ほど有名ブロガーHiroshiさんのブログで詳細を確認させて頂こうと思います。
ありがたや。

では!

受けてきました英検1級 

2016, 10. 12 (Wed) 00:00

先週末10月9日(日)に、英検1級初受験してきました!


英検を受けること自体がかなり久々で、受験会場に行くまでも緊張(方向音痴のため(笑))

行ってからはあまりのちびっこの多さにびっくり。

付添で来た人にまぎれていた方がよっぽど違和感なかったです(笑)←年齢的な問題でw


が、1級の会場だけ隣の違う建物のようで、ちびっことお母さんたちの雑踏を通り抜け、しーんと静まりかえった建物の中をおそるおそる進むと、そこには数人が受験する1級の教室が・・・少なっ!!!


さすが田舎。1級受験する人あんまり居ないんだぁ・・・

比較的年齢層も若い感じで、最終的に10人ちょっとぐらいだったのかな?少ない。


できないとわかっていたから緊張はないハズだったのに、この少なさで一気に緊張しました。


私の作戦としては、語彙はまじめにやっても5問ぐらいしか合ってなかったので(-_-)

とりあえず後回し。

脳がフレッシュな間に読解をゆっくりやって、語彙に戻って、エッセイを片づけて、リスニングの先読みは題問3に絞って5分だけやる。と言う感じでした。


さて、読解が始まってしばらくしてから、いきなり大音量で野球部が部活を始めました。

TOEICであればあまり動揺しないのですが、やっぱりできないとちょっとのことでも動揺するんですね、、(笑)案の定リーディングが目で追うだけになって全然頭に入らない。

しかも、試験官が、なぜか窓を開け放つというSプレイに出たので、もう何度読んでも文字の上をただ眼だけがスラスラ動いているだけ。ダメ。時間のロス・・・タスケテ。


と、誰かたまりかねたのでしょう。ようやく試験官が窓をしめて、緩いクーラーを入れ始めました。

途端にぜんぜん野球部の声が聞こえなくなりました(笑)(窓開けてたせい。ひどいSっぷり。)

そっからは集中して進めましたが、やっぱり難しくて勘に頼ることが多かったです。


ライティングは練習不足で内容が全然出てきませんでしたが、数回だけやっていた暗唱のおかげで基本的な構造と言葉運びだけは出てきたので、とりあえずまとめました。(内容はもう振り返りたくないぐらいボロボロです(ノД`)・゜・。)


最後、リスニングですが、ちょとひともんちゃくありました。

試験官が、「始まるまではみんなえんぴつを持たないこと」にかなりこだわります(笑)

噂には聞いていたので、心の準備は出来ていましたが・・・


リスニングの指示が始まってもまだ鉛筆は持ってはいけません!

「えんぴつを持ってください。」と、言う指示がラジカセからありますから!それからえんぴつを持ってください。それまでは絶対に持たないでください。

なるべくみなさんフェアにテストを行いたいので、絶対に守ってください!


と、力説していました・・・

事前にリスニングの過去問聞いていたので「えんぴつを持ってください。」と言う指示がないことは知っていました。そもそも指示は全部英語ですしw

みんなとりあえず試験官の指示にしたがって大人しく鉛筆おいていましたがね(笑)

「次持つ瞬間はいつだろう???」と、みんなが頭の上に?置いて動揺してるのが手に取るようにわかりました(笑)


で、その後ラジカセがうまく操作出来なかったようで、数分間ラジカセ操作のやりとり。

その間はリスニングのページ開けたままなんで、開けてあるページの先読みし放題です。

どこがフェアやねん!!!

と、心の中で突っ込みました。(笑)


そして、案の定「えんぴつを持ってください。」と言う指示なんてありませんので、どうすんのかな~?と思っていたら、英語のdirectionの中で、「now, let's begin」と言った瞬間、試験官が

「はい、ココー!」と叫んだんです!!!(爆)

そんなんあり~?!

いくらdirectionとは言え、リスニング再生中に試験官が叫ぶて!!やばいです。

私はまぁ笑って許せますけど、多分都会の方でやったらえらい問題になりそうです。



さておき、内容はもー途中で帰りたくなるぐらい分からなかった(T_T)←ダメ


で、とりあえず。ホントとりあえず。

ただ、受けました。


受けてみてできないことは十分わかりましたが、英検1級がどういうテストなのかが知れて、取り敢えずこれで死ぬ前に英検1級を受けてみたい人生だった。と、言わないで済みます(笑)


以上、ただ単にテストを受けたという記事でした。


お付き合いいただきありがとうございました(ノД`)・゜・。