チック再発 

2017, 11. 01 (Wed) 00:00

少し間が空いてしまいました。
その間、英検を受けて、結果が返ってきたのですが、息子のことでバタバタしてそれどころじゃなくなりまして、、結局育児ブログだけ先に更新しようと思います・・・

息子、音声チックが再発してしまいました(T_T)

ブログで確認すると、昨年のちょうど今頃にひどくなって一度小児科で紹介を受けて、小児神経内科を受診し、音声チックと言われていました。

その後すっかり出なくなっていたので、ときどきする本物の咳払いに多少ピリピリしながらも、もうチックは治ったな~と思っていたのですが・・・改めて昨年のブログを読むと、

「大人になるまでに治る確率半分ぐらい」
「今おさまっていてもまたひどくなるので、その都度対処していくしかない」

って、しっかり言われてたょ・・・(-_-;)

あぁ、ホント私ってば喉元過ぎれば~ってやつだ・・・

今回のチックの発生はちょうど私が体調不良のときでした。
仕事から帰宅して晩御飯まではなんとか作ったのですが、めまいと頭痛と吐き気と腹痛で起き上がることができず、横になって息子に話しかける状態でした。夫は残業で、おじいちゃんも体調がいまいちのため頼めず、普段はあまりお手伝いをしない息子に、ご飯を準備して食べて、お風呂にお湯を入れて入る。と言う一連の動作をすべて一人でやってもらうことになりました。。。
その途中あたりから咳払いのチックが出てきてひどくなっていきました。。。
私のせいだー(T_T)ごめんね~と、思いながらも、息子が寝るためにはやらなければいけないことを、何度もなだめながらお願いするので精一杯の状況で。。
あの時無理してでも私がやっていてあげたら??そもそも体調不良になるような私がいけなかった・・・など、後悔しても時すでに遅し。その日から息子のチックが再開したんです。。。

と、言うことで、私は英検の勉強をしばらくやめることにしました。
学習からくる睡眠不足や体調不良で、精神的に余裕がない状態にならないようにすること。
そして仕事が終わったらなるべく息子と一緒に時間を過ごしてあげることに専念します。
1人で寝ていた息子も、一緒に寝てほしいと言い出したので、毎日可能な限り一緒に眠ることにしました。ですのでほとんどの場合夜の学習はやめます。

ただ、私のことを改善したからといってすぐにチックが収まるわけでもなく、、しばらくはいろいろな不安やストレスを軽減してあげることに専念しなければと思っています。

チックがひどくなると周りの人が「あの子どうしたんだろ?おかしいよ?うるさいよ」と思うレベルで、事実今回も図書館などでみんなにじろじろと見られたり、大人の人にはいたわりの目を向けられることもありました。それはしょうがないとして、学校や児童クラブで本人が嫌な思いをしないように連絡が必要。と、腹をくくりました。
チックは周りに注意されると余計に本人が気にしてひどくなるので、、、(やっかいな病気だよ(T_T))

ちょうど息子は学校の前の席の男の子に少し暴力的な被害(体をかまれる。ランドセルを踏まれる。などなど)を受けていて、その子のことが気になってしょうがないと訴えていたので、参観日のついでにチックのことと、そのような状況のことを担任の先生にお話ししました。

児童クラブの方にも、静かにしているときに咳払いチックが目立ってしまって、周りの生徒さんにご迷惑をかけるかもしれない。とお手紙でお詫びをして、その後先生とお話した時に、一度詳しくお話を聞きたいと言っていただき、チックのことや対応などをお話できる機会を得ました。
そもそも音声チック自体、知らない人が多いようです。
学校も児童クラブも、音声チック自体を初めて知ったようでした。

あとは習い事にも息子の希望で同席など・・・

正直、先生方もお忙しい中めんどうなことを言って申し訳ないと思いますが、
周りの人たちに協力をお願いしなければやっぱり私一人で全部は無理なので、ご迷惑を承知でも、そこはもう謝っても息子のためにお願いしようと、今は腹をくくっております。
でも善意で対処してくれてるのであって、けっして強要してもいけないし、当たり前になってもいけないと、肝に銘じています。

幸い、今のところ家で出ているほど、学校や児童クラブではチックが目立っていないそうです。
このまま良い方向に向かってくれることを祈ります。
そして、今後のことを考えて、やはり私は少しでも家に居る時間を増やしたいと思うので、翻訳の方は何とか日中で時間とって学習して、早く翻訳者デビューできるようになりたいと思います。
家に居るとは言っても仕事なので、おそらく余裕はないと思いますが、それでも今の生活で児童クラブに入れなくなった場合、全く人が居ない家に帰るよりも、私がいるってだけでも息子の気持ちが安心できると良いなと、希望をかけて・・・
もはや、自分の夢とか言っている場合でもなく、必然になってきつつあります。

いろいろこわい。。。
でも、私が心穏やかでいることが大切なんだから、頑張らなきゃ。

チックやトゥレット症候群で悩んで、日々綱渡りで生きているお母さん方はたくさんいらっしゃいます。その全員が、もれなく、わが子のチック症状が改善しますようにと願って一日一日を過ごしていると思います。毎日、朝起きるとき、今日はチックが軽くなってるかな~?と願うんです。ドキドキしながら息子の声に耳を澄ますんです。そこで「うぅん!うん!」と、咳ばらいが聞こえて、落胆して、でもすぐに「焦っちゃだめだよね」と励まして、それで何事もなかったかのように息子に接するんです。きっとみんなそうだと思います。
みんな本当に早く良くなってほしい!!そして、安全な治療薬も早く一般に出回ってほしい!!!
医薬翻訳を目指すものとしては、そっち方面でも願わずにいられません。

チックのことをよく御存じない方、こちらの特許公報にその症状なども詳しく載っています。
少し古いし長いですが、もしご興味がありましたら(*^_^*)
こちらリンク

今回も長くなってしまいました~


息子についての考察(論文のタイトル?) 

2017, 10. 12 (Thu) 12:06

久しぶりの子育て記事です。
あ、久しぶりでもないですね、、(^_^;)

英検の直前は地方祭があって、3日間がっつり参加しておりましたが、それが家ではなくて外での息子の状態を観察できる機会にもなりました。

息子は少し前までは、みんなに話しかけてみんなの輪の中に入りたい人だと思っていましたが、3日間で気が付いたことは、けっこう一人でいることが多いということです。

別にお友達とうまくいかなくて1人と言うわけではなく、最初はみんなの輪の中にいるのですが、気がつけば一人になっているって感じです。

まぁ、1年生なので、ほかのお子さん方もそんな感じのところはあります。自分のやりたいことに集中しますから。でも、うちの子はその頻度が高いというか、みんなで集まっているところに「あれ?いない!」みたいな場面が多かったです。

おそらく、これまでの傾向から推測しても、「自分のやりたいこと」を優先しているんだと思います。
たとえば、実際に私が遭遇した場面では
男児A「やっしゃ、公園いくぜー!」
息子「おれも行くぜー!」
男児BC「一緒にいこーぜ!」
息子「いいぜー!」
男児B「おれおにごっこしよー!」
男児C「おれもおにっごしよー!」
息子「おれはバッタとろう!」
私「え!?」

笑。みたいな・・・
いや、一緒に行こうと誘われたんだし、それを了解したんだから、当然みんなで遊ぶやろそこは!と。つっこみたくなりましたがね、、
まぁそんな感じです。

きっと今はみんな自分のことでせいいっぱいなので、息子の行動も気にならない年齢なんだと思います。ただ、年齢があがってもこのままであれば、特に集団を重んじる日本では、けっこう目立っていくし、お友達とも付き合いづらくなっていくかもしれません。

これまでは、保育園でも小学校でも、幸いなぜか息子のことを気に入って
「一緒にあそぼー!」とか「一緒に帰ろう!」とか熱狂的に言ってくれるお子さんが1人いて、息子は救われています。(私的にも救われています。きっとそのお子さんよくできてる。神だな。笑)
息子自身も、引っ込み思案な性格ではないので、自分から他のお子さんに話しかけて一緒に遊んだりすることも普通にあるし、一匹狼的な感じではないんです。。不思議と。
他のお子さんも、いつもはぐれがちな息子を今の時点では
「あれ?○○がいねー!おーい!○○!!」と、呼んでくれたり。(お世話掛けます)

でも、おそらく一連のことを考えてみると、総じて息子は少し癖がありそうで、専門家に相談することも、無駄にはならない気がします。
夫にもやんわりと話してみましたが、一度相談に行くぐらいだったら勝手にどうぞ。と言う感じでした。何度も通わなきゃいけなくなるならいやだなと。謎の抵抗。(-_-;)

何が息子のためになるのかっていうのを、一番に考えたいと私は思いますがね。。。

こっち(夫のこと)はうまいことアプローチしていく必要があるので、急がず気長にやんわりと進めていきます。(めんどくせー←本音)

最近いろいろ悩んでいたので、息子の状態を客観的に把握できたのはよい機会でした。
また、息子が不思議と嫌われ者ではないことに正直とてもほっとしましたし、一人でいることが本人は苦ではないようだったので、あとは周りに迷惑を(あまり)かけない範囲で、うまく息子の個性のままこの世の中を生きていく方法を考えてあげたいなと思いました。

いつも不安はつきものですが、少しずつ、さぐりながら、進んでいくしかないんですね。。。

では~

客観的な観察と状態把握。(自分のことと息子のこと) 

2017, 09. 29 (Fri) 12:52

こんにちは!

やっと週末が来ました。
いろいろ考えた1週間でした。
次の1週間も、祭りに英検本番に、と、いろいろ考えさせられそうですが、とりあえず進んでいくしかないです。
幸いなことに、時間は止まってくれないので。ずっと嫌なことが終わらないより、終わることがとりあえずうれしい。
よかったことは思い出に、悪かったことは、時間と共に忘れよう。

前回の息子の記事で、ご心配頂いたり、温かいメッセージをいただいたりと、助けてくださる方がいらっしゃって、本当に救われました。いつもありがとうございます。

先日参観日に行って、周りのお子さんを見ながら息子の態度を改めて見てみたのですが、態度自体は目立ってどうということはありませんでした。

ただ、やはり自分のやりたいことが優先されて、目立たないながらも先生の指示をすぐ聞くのではなく、しばらく時間がかかっている場面も見受けられました。(えんぴつを置く。と言う指示で、いったんはおいたのですが、ほかの生徒さん全員がおいてる中書き続ける。とか。)

学習能力においては、今のところは問題なさそうです。態度も、おとなしすぎるということはなく、しっかりと大きな声で発表することもでき、逆に自分だけが目立ってなにかしようとする迷惑な行動もありませんでした。

なので、やはり微妙ではありますが、
何か物事が起こった時の気持ちの切り替えが難しいのかな?と言う点と、
人の気持ちがわかりにくいのか、自分の気持ちが優先されすぎるのか、どちらかわかりませんが、その点で、思いもよらない行動に至るのかな?と。

この2点が気になるところかと、自分の中で整理してみました。

専門家に相談にいざ行こうと思うと、これまでの事柄がまとまっていなくて、私の懸念も抽象的すぎて、何を相談すればよいのかそれすらもまとまらなかったので。

身体能力の方は、
手指の運動→練習すればクリア
なわとび→本人がやることを拒否しているのでできないまま
自転車→練習してクリア
と、練習するとまぁできるようですが、練習しないでもふつうは出来る事柄なのか、そこの判断はやはり素人では無理かなと思いました。(一番ひっかかるのは手指の運動でしょう。多分)

何せ自分の息子なので、状態を見て感情の方が先に来てしまうこともありますが、まずは客観的な状態を把握して、その上でどうしてあげるべきか、人様の力もお借りしながら少しずつ道を探っていきたいと思います。

ただ、何事にも敏感(過敏?)な私が、ぼんやりと不安に思っている状態だけなので、周りの人にはなかなか理解されません。まずは夫との相談が、第一関門になりそうです。

あと、くだんのママさん関係ですが、、
今回は一つ、自分の悪いところがわかったような気がしました。
私、相手のお子さんのことを何かしらほめようとしすぎて、きっと余計なことを言っているんだと思います。
英会話教室の受付の癖で、困ったら相手の何かしらをほめる。と言う癖があるみたいで、それがうざいんだなと。
良いことでも、こちらが気にしていない部分で相手が気にしているところかもしれませんし、何より今のママさん関係、ある程度仲良くなるまでは、そんなに相手のことに踏み込まないのが暗黙のルール。もちろん踏み込んでいないつもりでしたが、自分の子供のことを何かしら言われる時点で踏み込んでいるのかもしれません。
話のきっかけ、と思って「しっかりしていますね」とか、言うこと自体がきっとうざいんでしょう。
もちろん相手によって普通に受け取ってくれる場合もありますが、ね。
私の配慮が足りなかったなと、反省しました。
まぁ、焦りすぎ。です。
当初は誰も知り合いがいないので、息子のために仲良くしなきゃと思いすぎて焦っていましたし、今は最初がうまくいかなかったので、誰かと少し話しができると、何かしゃべらなきゃと気を遣ってしまう。
どちらにしても、焦ってしまって、配慮が足りないんだと思います。
見事な空回り状態です。人様にいうのも恥ずかしいことです。
ま、泥臭い毎日をそのまま放出中が拙ブログですが(T_T)

もし今後誰かと話す機会があったら気を付けよう・・・。
(消極的な前向き(笑))

では、よい週末を・・・!(まだ午後からも仕事あるよー!)





ぶれぶれの育児 

2017, 09. 27 (Wed) 12:10

おはようございます。朝からなんだか調子悪いです。育児記事です。

昨日の記事で書いていた息子の懸念事項について、ちょと心の闇を・・・すみません。

現在息子はお友達と待ち合わせて学校に行っているのですが、息子は朝もっと早く行って、校庭で鬼ごっこをした。だからお友達と一緒ではなく一人で行きたい。と言い始めたのです。

でも今でさえ待ち合わせの時間にぎりぎりなのに、そもそもそんな早く家を出れる?という突っ込みはおいておいて。

とりあえず否定せずに根気よく気持ちと状況をさぐっていきます。で、よくよく聞いてみるとすでに
「お友達を置いて行ったかもしれない・・・」と。(+o+)ひょえーどーゆーことー?!って感じで。

さらによく聞いてみると、どうやら家の前から途中までは一緒に行ったのですが、途中でもう一人待ち合わせをしていて、その子が来るのを待つのがいやで、先に行ったらしいのです。

この、「もう一人」と言うのは息子とは約束しておらず、息子がいつも一緒に行っている子とだけ、約束していたそうです。しかも女の子なので、自分とは関係ないから息子は早く行きたい。と言う部分もあるようです。

まぁとりあえず、何も言わずに家でた瞬間からおいて行ったんじゃなくてよかった。。。ほ。

でも、途中からとは言え、だまって先に行くのはよくない。一言先に行く旨を伝えてからにするとか、少しの時間なら一緒に待ってあげるとかしてみては?と、思ったのが私の意見。

でも、息子は一緒に待つのはどうしてもできない。と。

まぁ、もう一人のお友達との約束も、息子に聞かずに勝手に2人で約束したのだとすれば、一緒に待ってあげる筋合いはないと言えばそれまでですがね。。。(←夫の意見)
私はお人よしすぎるので、100%一緒にまっちゃうたちなんです。でも、それを息子に強いるのは間違ってるだろうし、でも、おいて行っちゃうのも冷たい気もするし・・・

さらに、どうも息子は、自分の欲求があると我慢が出来ないんです。
私が教えてこなかったのか、、、そこらへんでまたひどく自分を責めだすんですが(^_^.)
とにかく忍耐力はない。あと、誰かのために我慢する。と言うのも、出来ないようです。

結局、その後いつも一緒に行っているお友達は一人で待ち続け、もう一人の女の子も実は先に行っていた?ようで、なんだかわけわからない(笑)話でした。

私はもちろん息子のことは大好きですが、うちの息子、自分の欲求のために平気でお友達をほおって行ったり、怒られたくないがために私に嘘をついたりすることが、実は過去にもあったので…(T_T)この話自体が、まず信じられない部分もあるんですよね、、、

で、今朝、いつも一緒に行っているお友達に、状況を少し聞いてみることにしたわけです。

が、しかし、そのお友達、私の姿にえらくおびえていて・・・聞いても「もうそこでもう一人のお友達が待ってるから~」と言って走り去ろうとする。。。
え、なんでおびえてるの?満面の笑みで登場したつもりだったんだけど・・・
5月ぐらいまでは毎朝私も家の前まで来ていてその子と話していたので、そんなおびえられると思っていなかったんですが。。。やっぱりいきなり親が登場したらびびる?悪いことしちゃったかな・・・

まぁ結局最後までよくわかりませんでした。息子には、黙っていくのは×。
一緒に待つのがいやなら、先に行くと告げるか、あるいは100数えたら二人で出発するとか、、
(時計ないし)なるべく二人で一緒に登校した方がいいんじゃないかと言いました。
相手のお子さんもいつまでも待って結局来なかったら遅刻しちゃうし。

でも、その一連の話しを実父にしたら、私はおおごとにしすぎ。と、注意されました。

確かにうちの息子が自己チューで思いもよらないひどい対応をしでかすことは事実(T_T)だけど、だからと言って今回の件をおおごとにしすぎと。

確かに、私が相手のお子さんに話を聞いたのもやりすぎだったかもしれませんし、どうするか具体的な方法を提示したのも差し出がましいことかもしれない・・・

また私が余計なことを・・・←あ、落ちる。落ちていく。。。

当の息子はあまり気にしてない様子で、別れ際私とハイタッチしてにこにこ登校しましたが・・
(いいのか悪いのか)

もう、一言でいうと疲れた。

私が必要以上に心配性で周りに気を遣うのに対して、息子はどえらいことしでかす自己チュー。
周りに話しを聞いてもらえる人もいないし、
たまに話した相手(父)には、いつもやり方を否定されます。

ぐるじぃ。

息子よ、普通に少しは相手を思いやれる人間になってほしい。。。
私よ、もう何もかもあまり考えすぎない人になりなよ。。。

そんなこんなで、登校拒否児(私)の参観日はもうすぐそこ。
そのあと、がっつり親御さんたちとかかわる恐怖の地域イベント「祭」の実施。
そしてその翌日英検。

あーーーーーーーーー

がんばろ!←どうにか気持ちを落とさないように強がる。







どう対応すればうまくいくのか。の試行錯誤 

2017, 09. 26 (Tue) 13:15

こんにちは~
秋晴れが続いて日中はまだまだ暑いですが、朝晩の冷え込みに秋を感じますねぇ~
(どんな出だし(笑))

最近めっきり育児ブログ化している拙ブログですが、本日ももれなく育児記事です。

息子は夏休みが終わってから落ち着いてきたので、ちょと本腰入れてしつけを考えています。
きっかけは、家族が困っているときに助けなかったことです。

困っている状況、助けてもらえると助かること。もし自分だったら?などと説明したあと、
「どうするかは自分で決めて」
と、言って(おきながら)待っていたのですが、手伝うことをせず、それについて悪びれる様子もなく、ちょっとこれでは周りの人間とうまくやっていけないんじゃないかと、不安を感じたからです。

そこで、当たり前のことですが、ちゃんとしつけを教えようと決心しました。

そんな感じで3週間が過ぎたところですが、今朝のある出来事でまたも息子に不安を。。。

よくよく考えてみると、相手の気持ちを考えることが難しいのかもしれません。

これまで息子のことで困ったことが起きた時に、ときどきネットで検索すると、絶対に毎回
「高機能広汎性発達障害」と言うワードに行き当たります。

困ったこととは
「手指の運動がうまくないと小児神経科の先生にいわれたとき」
「なわとびが全然できないとき」
「チックがひどいとき」
「かんしゃくをおこすとき」
「自転車にのれないとき」
「自分で自分の頭をたたくとき」
「相手の気持ちがわからないとき」
のような感じです。どれも小さい子供を持つ親なら一度は経験しそうな感じ?(ちがうのもあるね)ですが、息子と同じようなケースを追っていくといつも発達障害に行き当たっちゃう。

で、前々からもしそうだとしても、そもそも「どう対処すればよいのかを知りたい」のであって、それは発達障害であってもなくても、知りたいのはそこなんです。。。

でも、結局あまりしっくり響きそうな対処法っていうのは書かれていなくて、それはきっと、その場その場で子供に合わせて対処しなきゃいけないからかもしれないんですけど・・・
どうやってあげたら息子はうまくいくのかなって、、それが知りたいんですがね。。

息子の気持ちに寄り添ってあげてっていうのは実行してきましたが、今のところ自分のことを特別だと思いすぎて、周りが思うとおりに行かないとすぐに周りのことを悪く思うんですよね。。
ゆっくり相手の気持ちや、どうしたらうまくいくかを話していると、途中で嫌になってきかないんですよね。。
そして、今のところ結構なモンスターが出来上がっちゃってるんですよねぇ・・・

まぁ、激しく目立っていないので、学校で注意されるまでには至っていないんですが、まだまだ息子の対応について悩み、わからず、試行錯誤の日々は続いております。

うーん、私も進歩無いなぁ・・・(笑)

とりあえずは、元気が一番!ですがね。