今年の夏は英検だった 

2016, 08. 31 (Wed) 12:46

お久しぶりです。


特に何があったわけではないのですが、ブログ更新が滞っておりました。

気が付けば今日で8月終了、子供がいる方は夏休みの終了となりますね。


私は夏が大好きなので、この数日の秋の風を感じてなんとも言えない寂しさを感じております。


最近やってたことは、あまり変わりありませんが、


JRC-SAとJRC-VOCAの予習

CRC-E1の予習

英検1級の過去問

英検1級のVOCA

文法の復習

子育てと学習についての読書


と言ったところでしょうか。

CRCとは、JRCのメンバーの一人、a catさん(通称にゃんこ先生)が運営されているスカイプ勉強会で、Cat Reading Club for Eiken1級と言う感じです。(←正式名称忘れた(^_^;)すみません)

つまり英検1級のための勉強会なのです。

現在のところ過去問を使用しているので、お陰さまで英検の過去問を解く機会も増えてきました。

なにぶん、強制力がないとやらないたちなので、非常に助かっております。


夏休みを利用して、リアルの知り合いからも英検のアドバイスを受けることができ、

この夏は英検に向けて自分の意識が少しずつ変わった夏だったかな。て感じです。


私の弱点はVOCAと文法ですが、英検を解いていて思ったのは、国語的な読解力が役立つってこと。

これまでどうしても自分に足りないものに目が行きがちで、それでVOCAと文法ばかり気にしていましたが、英検でスコアをあげるためには、そもそも我々日本人が得意な読解が出来ればいいのかなって。

※あ、長文問題ですよ。題問1はもちろん単語!スコア比率ではWritingも非常に大事!


文章を読んでいて、読みながら何を言っているのかをまとめる力、同時に、言いたいことが各段落でプラスになってるのか、マイナスになってるのかってのを自然に感じ取る力がとても役立つなって。

それだけではだめですけど、自分の中でそこがぼやけていると、設問に対する答えを探すときも、なんとなくぼんやりしている気がします。

あと、設問をハッキリとした日本語に変えて読むのも効果的だと思いました。

単語や文法がはっきりしてて、設問の意味を瞬時に頭に入れることが出来る人には無用ですけど、英検の設問ってTOEICに比べてちょと分かりにくい気がしますので、ぴしゃりと設問を日本語で頭に入れておくと、問われていることを考えながら本文を読むのが非常に楽に感じます。


これは夏の間に先人たちに教わったこと。まだまだ色んな力が足りませんが、最近合格へ向けてまったく手が届かない状態から、少しずつ何をすればよいのかが分かってきた気がします。


受験まで1カ月ちょっととなりましたが、出来るところまで、最後まで受かるつもりで行きます♫