客観的な観察と状態把握。(自分のことと息子のこと) 

2017, 09. 29 (Fri) 12:52

こんにちは!

やっと週末が来ました。
いろいろ考えた1週間でした。
次の1週間も、祭りに英検本番に、と、いろいろ考えさせられそうですが、とりあえず進んでいくしかないです。
幸いなことに、時間は止まってくれないので。ずっと嫌なことが終わらないより、終わることがとりあえずうれしい。
よかったことは思い出に、悪かったことは、時間と共に忘れよう。

前回の息子の記事で、ご心配頂いたり、温かいメッセージをいただいたりと、助けてくださる方がいらっしゃって、本当に救われました。いつもありがとうございます。

先日参観日に行って、周りのお子さんを見ながら息子の態度を改めて見てみたのですが、態度自体は目立ってどうということはありませんでした。

ただ、やはり自分のやりたいことが優先されて、目立たないながらも先生の指示をすぐ聞くのではなく、しばらく時間がかかっている場面も見受けられました。(えんぴつを置く。と言う指示で、いったんはおいたのですが、ほかの生徒さん全員がおいてる中書き続ける。とか。)

学習能力においては、今のところは問題なさそうです。態度も、おとなしすぎるということはなく、しっかりと大きな声で発表することもでき、逆に自分だけが目立ってなにかしようとする迷惑な行動もありませんでした。

なので、やはり微妙ではありますが、
何か物事が起こった時の気持ちの切り替えが難しいのかな?と言う点と、
人の気持ちがわかりにくいのか、自分の気持ちが優先されすぎるのか、どちらかわかりませんが、その点で、思いもよらない行動に至るのかな?と。

この2点が気になるところかと、自分の中で整理してみました。

専門家に相談にいざ行こうと思うと、これまでの事柄がまとまっていなくて、私の懸念も抽象的すぎて、何を相談すればよいのかそれすらもまとまらなかったので。

身体能力の方は、
手指の運動→練習すればクリア
なわとび→本人がやることを拒否しているのでできないまま
自転車→練習してクリア
と、練習するとまぁできるようですが、練習しないでもふつうは出来る事柄なのか、そこの判断はやはり素人では無理かなと思いました。(一番ひっかかるのは手指の運動でしょう。多分)

何せ自分の息子なので、状態を見て感情の方が先に来てしまうこともありますが、まずは客観的な状態を把握して、その上でどうしてあげるべきか、人様の力もお借りしながら少しずつ道を探っていきたいと思います。

ただ、何事にも敏感(過敏?)な私が、ぼんやりと不安に思っている状態だけなので、周りの人にはなかなか理解されません。まずは夫との相談が、第一関門になりそうです。

あと、くだんのママさん関係ですが、、
今回は一つ、自分の悪いところがわかったような気がしました。
私、相手のお子さんのことを何かしらほめようとしすぎて、きっと余計なことを言っているんだと思います。
英会話教室の受付の癖で、困ったら相手の何かしらをほめる。と言う癖があるみたいで、それがうざいんだなと。
良いことでも、こちらが気にしていない部分で相手が気にしているところかもしれませんし、何より今のママさん関係、ある程度仲良くなるまでは、そんなに相手のことに踏み込まないのが暗黙のルール。もちろん踏み込んでいないつもりでしたが、自分の子供のことを何かしら言われる時点で踏み込んでいるのかもしれません。
話のきっかけ、と思って「しっかりしていますね」とか、言うこと自体がきっとうざいんでしょう。
もちろん相手によって普通に受け取ってくれる場合もありますが、ね。
私の配慮が足りなかったなと、反省しました。
まぁ、焦りすぎ。です。
当初は誰も知り合いがいないので、息子のために仲良くしなきゃと思いすぎて焦っていましたし、今は最初がうまくいかなかったので、誰かと少し話しができると、何かしゃべらなきゃと気を遣ってしまう。
どちらにしても、焦ってしまって、配慮が足りないんだと思います。
見事な空回り状態です。人様にいうのも恥ずかしいことです。
ま、泥臭い毎日をそのまま放出中が拙ブログですが(T_T)

もし今後誰かと話す機会があったら気を付けよう・・・。
(消極的な前向き(笑))

では、よい週末を・・・!(まだ午後からも仕事あるよー!)





ぶれぶれの育児 

2017, 09. 27 (Wed) 12:10

おはようございます。朝からなんだか調子悪いです。育児記事です。

昨日の記事で書いていた息子の懸念事項について、ちょと心の闇を・・・すみません。

現在息子はお友達と待ち合わせて学校に行っているのですが、息子は朝もっと早く行って、校庭で鬼ごっこをした。だからお友達と一緒ではなく一人で行きたい。と言い始めたのです。

でも今でさえ待ち合わせの時間にぎりぎりなのに、そもそもそんな早く家を出れる?という突っ込みはおいておいて。

とりあえず否定せずに根気よく気持ちと状況をさぐっていきます。で、よくよく聞いてみるとすでに
「お友達を置いて行ったかもしれない・・・」と。(+o+)ひょえーどーゆーことー?!って感じで。

さらによく聞いてみると、どうやら家の前から途中までは一緒に行ったのですが、途中でもう一人待ち合わせをしていて、その子が来るのを待つのがいやで、先に行ったらしいのです。

この、「もう一人」と言うのは息子とは約束しておらず、息子がいつも一緒に行っている子とだけ、約束していたそうです。しかも女の子なので、自分とは関係ないから息子は早く行きたい。と言う部分もあるようです。

まぁとりあえず、何も言わずに家でた瞬間からおいて行ったんじゃなくてよかった。。。ほ。

でも、途中からとは言え、だまって先に行くのはよくない。一言先に行く旨を伝えてからにするとか、少しの時間なら一緒に待ってあげるとかしてみては?と、思ったのが私の意見。

でも、息子は一緒に待つのはどうしてもできない。と。

まぁ、もう一人のお友達との約束も、息子に聞かずに勝手に2人で約束したのだとすれば、一緒に待ってあげる筋合いはないと言えばそれまでですがね。。。(←夫の意見)
私はお人よしすぎるので、100%一緒にまっちゃうたちなんです。でも、それを息子に強いるのは間違ってるだろうし、でも、おいて行っちゃうのも冷たい気もするし・・・

さらに、どうも息子は、自分の欲求があると我慢が出来ないんです。
私が教えてこなかったのか、、、そこらへんでまたひどく自分を責めだすんですが(^_^.)
とにかく忍耐力はない。あと、誰かのために我慢する。と言うのも、出来ないようです。

結局、その後いつも一緒に行っているお友達は一人で待ち続け、もう一人の女の子も実は先に行っていた?ようで、なんだかわけわからない(笑)話でした。

私はもちろん息子のことは大好きですが、うちの息子、自分の欲求のために平気でお友達をほおって行ったり、怒られたくないがために私に嘘をついたりすることが、実は過去にもあったので…(T_T)この話自体が、まず信じられない部分もあるんですよね、、、

で、今朝、いつも一緒に行っているお友達に、状況を少し聞いてみることにしたわけです。

が、しかし、そのお友達、私の姿にえらくおびえていて・・・聞いても「もうそこでもう一人のお友達が待ってるから~」と言って走り去ろうとする。。。
え、なんでおびえてるの?満面の笑みで登場したつもりだったんだけど・・・
5月ぐらいまでは毎朝私も家の前まで来ていてその子と話していたので、そんなおびえられると思っていなかったんですが。。。やっぱりいきなり親が登場したらびびる?悪いことしちゃったかな・・・

まぁ結局最後までよくわかりませんでした。息子には、黙っていくのは×。
一緒に待つのがいやなら、先に行くと告げるか、あるいは100数えたら二人で出発するとか、、
(時計ないし)なるべく二人で一緒に登校した方がいいんじゃないかと言いました。
相手のお子さんもいつまでも待って結局来なかったら遅刻しちゃうし。

でも、その一連の話しを実父にしたら、私はおおごとにしすぎ。と、注意されました。

確かにうちの息子が自己チューで思いもよらないひどい対応をしでかすことは事実(T_T)だけど、だからと言って今回の件をおおごとにしすぎと。

確かに、私が相手のお子さんに話を聞いたのもやりすぎだったかもしれませんし、どうするか具体的な方法を提示したのも差し出がましいことかもしれない・・・

また私が余計なことを・・・←あ、落ちる。落ちていく。。。

当の息子はあまり気にしてない様子で、別れ際私とハイタッチしてにこにこ登校しましたが・・
(いいのか悪いのか)

もう、一言でいうと疲れた。

私が必要以上に心配性で周りに気を遣うのに対して、息子はどえらいことしでかす自己チュー。
周りに話しを聞いてもらえる人もいないし、
たまに話した相手(父)には、いつもやり方を否定されます。

ぐるじぃ。

息子よ、普通に少しは相手を思いやれる人間になってほしい。。。
私よ、もう何もかもあまり考えすぎない人になりなよ。。。

そんなこんなで、登校拒否児(私)の参観日はもうすぐそこ。
そのあと、がっつり親御さんたちとかかわる恐怖の地域イベント「祭」の実施。
そしてその翌日英検。

あーーーーーーーーー

がんばろ!←どうにか気持ちを落とさないように強がる。







どう対応すればうまくいくのか。の試行錯誤 

2017, 09. 26 (Tue) 13:15

こんにちは~
秋晴れが続いて日中はまだまだ暑いですが、朝晩の冷え込みに秋を感じますねぇ~
(どんな出だし(笑))

最近めっきり育児ブログ化している拙ブログですが、本日ももれなく育児記事です。

息子は夏休みが終わってから落ち着いてきたので、ちょと本腰入れてしつけを考えています。
きっかけは、家族が困っているときに助けなかったことです。

困っている状況、助けてもらえると助かること。もし自分だったら?などと説明したあと、
「どうするかは自分で決めて」
と、言って(おきながら)待っていたのですが、手伝うことをせず、それについて悪びれる様子もなく、ちょっとこれでは周りの人間とうまくやっていけないんじゃないかと、不安を感じたからです。

そこで、当たり前のことですが、ちゃんとしつけを教えようと決心しました。

そんな感じで3週間が過ぎたところですが、今朝のある出来事でまたも息子に不安を。。。

よくよく考えてみると、相手の気持ちを考えることが難しいのかもしれません。

これまで息子のことで困ったことが起きた時に、ときどきネットで検索すると、絶対に毎回
「高機能広汎性発達障害」と言うワードに行き当たります。

困ったこととは
「手指の運動がうまくないと小児神経科の先生にいわれたとき」
「なわとびが全然できないとき」
「チックがひどいとき」
「かんしゃくをおこすとき」
「自転車にのれないとき」
「自分で自分の頭をたたくとき」
「相手の気持ちがわからないとき」
のような感じです。どれも小さい子供を持つ親なら一度は経験しそうな感じ?(ちがうのもあるね)ですが、息子と同じようなケースを追っていくといつも発達障害に行き当たっちゃう。

で、前々からもしそうだとしても、そもそも「どう対処すればよいのかを知りたい」のであって、それは発達障害であってもなくても、知りたいのはそこなんです。。。

でも、結局あまりしっくり響きそうな対処法っていうのは書かれていなくて、それはきっと、その場その場で子供に合わせて対処しなきゃいけないからかもしれないんですけど・・・
どうやってあげたら息子はうまくいくのかなって、、それが知りたいんですがね。。

息子の気持ちに寄り添ってあげてっていうのは実行してきましたが、今のところ自分のことを特別だと思いすぎて、周りが思うとおりに行かないとすぐに周りのことを悪く思うんですよね。。
ゆっくり相手の気持ちや、どうしたらうまくいくかを話していると、途中で嫌になってきかないんですよね。。
そして、今のところ結構なモンスターが出来上がっちゃってるんですよねぇ・・・

まぁ、激しく目立っていないので、学校で注意されるまでには至っていないんですが、まだまだ息子の対応について悩み、わからず、試行錯誤の日々は続いております。

うーん、私も進歩無いなぁ・・・(笑)

とりあえずは、元気が一番!ですがね。

新学期、奇跡的におちついた日常。 

2017, 09. 13 (Wed) 01:49

新学期が始まってしばらくたっていますが、不思議と息子の状態が落ち着いています。
夏休みの間に色々あった児童クラブのお友達とのやり取りも、夏休みの間に合っていなかったお友達と比べて強い絆を生んだのかもしれません。
世間ではいろんな物差しで測ることを良しとされない場合が多いですが、やはり物事は比較対象があると、冷静にその位置や価値がわかったりするもんかなぁと思ったりします。
テストしかり。

息子が落ち着いているおかげで、私も順調に英検の学習ができます。
割と息子の状態にかかわらずに学習を続けているつもりですし、意識的にそうするよう頑張っていますが、やっぱり精神的に楽だと疲れ具合が全然違いますからね(*´ω`*)
助かります。

お友達関係が落ち着いているのもあって、週末は少し息子をびしっと怒りました。

前から気になっていたんですが、不安定な状態だし、、、と思って、ついつい甘くなっていたので。

家族が困っていたら助ける。
人のことを見下したり、ひどい言葉を言わない。
親の言うことをきちんと聞く。

当たり前のことですが、当たり前に出来ていないので、少しびしっとしかりました。
夫がびしっとしかることをあまりしないので、前々からどんどん息子の態度がエスカレートしていましたが、やっぱり私は親としてしつけは必要だと思います。
私が色々言うと、自己肯定感の低い人間になってしまう・・・と、懸念もありましたが、それよりなにより、今の状態だと、自分の息子を人様の前に自信もって送り出すことができないのです。態度悪すぎて・・・。
そんな息子はやっぱり嫌ですもん。時間がかかっても、少しずつしっかり教えていきたい。

私の決意がわかったのか、どうなのか?一度びしっとしかられてからは、息子も少し態度が変わってきました。だらだら文句を言ってやらなかったり、すぐに同情を買うようなことを言って理由にしたり、そう言うことが少なくなりました。
そんなことを言っても私は受け付けない。と、感覚的に分かったのかもしれません(笑)私はいい意味でも悪い意味でも、あまり融通が利かないので・・・(^▽^;)

頑張っていることが自分にも周りにもわかるように、スタンプラリーってのもやっています。
なんでも理由付けて、良くできたことなどは1つスタンプを押していくんですが、スタンプが30こたまったら、毎日のテレビの時間が1分増える。という、私的にはあまりモチベがあがる内容でもないんですけど(笑)息子が自分でそのご褒美を決めて、なぜか結構やる気になってくれているので、今のところいい感じです。

ちなみに息子はもっぱら科学漫画ばっかり読んでいて、ほとんどテレビみません(-_-;)
私もテレビが付いていると作業効率が落ちるので、我が家はほとんどテレビがついていません(笑)

まぁいっか・・・(^▽^;)

そんなこんなで、無事に息子も7歳になりました。
元気で生きていてくれてありがとう。