FC2ブログ

自分のことは自分で信じてあげていたい。あと出来れば親も。 

2016, 07. 08 (Fri) 00:16

今日も育児ネタonlyでーす。


息子が保育園からも短冊を持って帰ってきました。(ササの葉っぱ付きで(笑))


それが、短冊には

じぇっときのうんてんしゅになれますように


と。

(◎_◎;)なんと!

なんてファッショナブルな夢!!うちの子に似つかわしくない素敵職業じゃないか!


でもきっとなれるよ!と、私は思うことにしよう。

なれますように!お願いします。←神頼み(笑)


たぶん何となーくノリで書いたんだと思いますが、せっかくなのでじぇっときのうんてんしゅの素敵について、今度の休日に色々ネットや図書館の本で見せてあげようと思います♪


私はいつも自分が一握りの人間になれるとはかけらも思わずに生きてきたので。

息子には、努力次第でその可能性もあると、思ってもらいたい。

もちろん、それ相応の努力が必要なことも。


その昔、秘書になりたかった私が、地元ではめずらしい秘書を取るような大き目の(?(笑))企業の秘書を目指して就活していました。

父はその企業を希望する人が○○人、就職できる人が○○人、その中からじゃなくて、会社全体の社員のうち、秘書になれる人が1人、確率的には1、2%もない。おまえはそれになれるのか?お父さんは無理じゃないかと思う。現実を見てやめとけ。と。


悪気はなかったんだと思います。多分状況が見えていなかった私にアドバイスのつもりで。


その後色々あがいて何とか就職。数年後、秘書課の秘書(全社員のうち1人だけ)ではありませんがw、ある役員の秘書になりました。(たぶんそれも1人だけ)


ま、その会社もうとっくに辞めましたがね(笑)

都会の方から見たら小さい会社ですよ。中小企業。念のため(^^;)


でも、ひそかにやった感はありました( `ー´)ノグッ


やっぱり、自分で目標を定めて、色々アンテナはったり、もちろんそれに向けて努力したり、可能性を捨てずに進まないとなって思いました。


しっかし先輩の嫉妬とか半端なかったですがね(+o+)

女の職場は怖いです。


努力が出来る子。にはなってほしいな。

あと、欲を言えば、私に似ず、メンタルが強い子に・・・(笑)※自分にないものを子供に求める親の典型w


では~


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント