スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れた。 

2016, 11. 11 (Fri) 17:30

最近息子のことで色々考えていて学習内容でのブログ更新が出来ていないなぁ。


こんにちは~


先日息子の病院に行ってきました。

チックがひどくなっていたので紹介された病院です。


チックはネットでは7割~9割の人が大人になるまでに治るように出ているけど、

実際には今チックがこれだけでていて、治る確率は半分ぐらいらしいです。


チックの発症自体には、性格や家庭環境は関係ない(脳の関係)そうですが、

チックを発症した後の病状は、

ストレスと大きく関連するので、やはりチックがひどい時はストレスが軽減するように色々対応するしかないとのこと。


今収まっていても、またひどくなるので、その都度やり過ごしていくのみ。


今後二つ以上のチック症状が同時に出てきた場合、

または、チックが日常生活に支障をきたす場合、再度来院してください。とのこと。


もう一つ、手指の発達の遅れが見られたそうです。


知能発達の検査として、色々簡単なテストをしたそうですが。。(子供だけ別に呼ばれて行うので見ていない)

息子は、手の指を、一本ずつ順番に閉じて行くことが出来ないそう。(5歳ぐらいで普通はできる)

このような子の場合、学校に入ってからの文字の書きとりに時間がかかったりして、学校生活にストレスを感じやすいかも。=チックがひどくなる。

粘土遊びなどをして、指先の強弱の感覚をつかむ練習を今のうちにしておいた方が良い。そうです。


先生は「かなり不器用」と言う言葉を使っていましたが、後で調べると発達障害の一つにそんな感じの症状があるみたいです。


うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。。。。。。。。。。。。。。。。


つかれた。(-_-;)


私が疲れている場合ではないんですが、ね、上記の結果に加えて

最近息子のヒステリがひどくて。

癇癪(かんしゃく)って言うんでしょうかね。。


きっかけは些細なことなんですが、怒って物を投げたり、たたいたり、結構力も強くなっているので危険です。


病院では「チックは治らないかも、またひどくなる」でも「治療法はないので見守る」に加え、

「手指の発達遅れている」と言われてしまい、


息子は癇癪を起してあばれるし、え、これも障害??


とか、色々心配だし、愚痴を言いたくなってしまいました。


でもま、命にかかわることではないのが救いです。


最近は医学が進歩して、これまで分かっていなかった症状に「○○障害」「○○症」と言う名前が付いていますが、対処法が正しくわからないと、病気なんだと言う言葉に不安だけが増してしまいます。


でも、対処法はやはり、じっくりと根気よく付き合って、子供に合わせて徐々にやっていくしかない、みたいにネットに出ていたので、これまで自分が思っていたのと対応的には変わりないのかなぁと。まとめることにしました。


はっきり言って、ちょと疲れました。(いや、さっきもはっきり言いましたね(笑))


安易に良い情報だけ伝えられるのも困ると思いますが、具体的にどうやって、こうやって、これから前向きにサポートして行こう!Don't worry!と言うような言葉が欲しいなぁ~


まぁ、しょうがないので自分でそう思って前向きに行きます!!


何はともあれ、息子はかわいい。

この先普通の子と違うような生活になったとしても、それも個性かなぁと思い始めています。

今は自宅でも働ける時代になってきていますから、息子も自分なりに出来る仕事に就いて、何とか稼いで生きて行ってくれれば。その遠いような近いような将来までは、毎日必死に、でもたまに笑える日々を、息子と生きて行きたいと思います。


次回は学習内容の予定(笑)


では~





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。