FC2ブログ

翻訳の課題提出しました 

2018, 02. 26 (Mon) 16:51

こんにちは~

今日は久しぶりに翻訳の学習について書いてみようと思います。
このところ息子の話題ばかりなので、自分の気持ちも気分転換しなきゃと。

少し前に翻訳通信講座の課題を2つ提出しました。
現在受講してる講座はMRI語学教育センターという会社の医学・薬学(英→日)STEP1コースです。
この会社ではSTEP2を終了したときに、課題の平均点が「90点以上」であれば翻訳者として登録でき、お仕事がもらえるとか。
私、最近までこれを「80点以上」と勘違いしていました…(そんな甘くないよね…)
講座を始める前に、90点以上とは受講者の何割ぐらいいるのか?と質問したところ、約60%ぐらいとの回答をいただきました。

で、実際2回の課題を提出して、
1回目「88点」2回目「85点」です・・・チーン・・・。
まだSTEP1ですが、今のままでは登録されないことがわかっています(-_-;)
しかも、私は全体の半分より下に位置しています。

ぜんぜんだめや~(T_T)

ま、嘆いていても翻訳者にはなれませんので、ダメなところを修正していくしかありません。

1回目の課題は大きく間違いはなかったものの、原文の意味が訳文にちゃんと反映できていない部分がありました。たとえば、治験前の妊娠検査は普通、血液検査と尿検査の2種類を行う。と言う前提がわかっていないので、訳文から「2つの検査が同じ目的で行われている」ということが伝わりにくい。
と言った感じです。日本語の医学・薬学分野の雑誌を読むように勧められました。(たとえば何?が聞きたい)

2回目の課題は、カギとなる単語の意味を大きく訳し間違えていました。それによって、全体の意味が異なってしまいました。一番やったらあかんやつや~。
たとえば「gavage」ですが、私の持っているほとんどの辞書に「胃管栄養法」と訳が載っています。この意味をググって一般的な内容を頭に入れ、さらに「治験」とか「報告書」とかワードを追加して、ヒットした文章を読んで訳文に落としてみましたが、
そもそもこの単語は「強制経口投与」という訳が正解。
私は勝手にこの試験中で動物に餌をやるときのやり方か~と想像していましたが、メインとなる薬剤の投与方法です。動物には「胃管栄養法」で餌をやったりしないってことがわかっていないので、間違いに気が付かない。と言う状態です。
それでも85点くれてるんだから、甘い採点なのかなと思いました。コメントでもびしっと書かれていましたが、今後もし70点台をとってしまったらどんなコメントがあるのか…死?(笑)

今回の課題で難しかったのは、上述した感じで、辞書で調べた言葉一つ一つが本当に医学・薬学の世界で普通に使われているか全くわからないところでした。
実際の知識がないので、辞書とネットに頼るしかないのですが、私が今使用している辞書では上の例でいう「強制経口投与」が載っている辞書はありませんでした。(かろうじてリーダーズ+に「強制給餌(きゅうじ)」と出ているので、そこから考えるべきだった。)
ところが、先日地元の図書館の借りれない本のなかに「ステッドマン医薬大辞典」があったのでgavageをしらべてみると、、、「強制経口投与」と、どんぴしゃ載っているんですね~(-_-;)
やっぱり購入すべきかな…辞書。3万ぐらいするんだよ~

知識が全くない私がこう言う問題を解決するために今できることは、とにかくたくさんの訳に当ることしかわかりません。一つの問題でこうやって間違ったところを一つずつ知っていくしか今は思いつかないので。。。
そのうち数がたまってきて、それでもやはり困ったと言う時には、何か他の方法を思いついているのかもしれませんが(そうであることを祈りますが)、とにかくまだ始まったばかり。
1つずつ学ぶことしかありません。

結局知識のない素人が医学・薬学の訳をしようなんて、ホント図々しい話なんでしょう。
実務を見る機会も、教えてもらえる場面もない私が、今後仕事をもらえる状態になるんでしょうか?ただ、今は「翻訳者になる」と言う一筋の光だけを心の支えに生きているので、もう少しこの光にすがって進んでみようと思います。。そうじゃないと生きていく上での希望を失っちゃうからさ~

では~







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント